セルフコンセプトの種(タネ)〜リソース・ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ●第12種 ショーンK (2008) 『「自分力」を鍛える』

<<   作成日時 : 2009/04/21 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「自分力」という言葉に惹かれ手に取りました。「夢を持っていないこ不安」に付け込んで、その不安を解消するための消費行動を起こさせようとする「オカルト・マーケティング」(p.17)に踊らされることなく、自分らしい軸、価値観や判断基準を持ちなさいという、歯切れの良いメッセージを訴える1冊です。

軸を持つこと、今が大事、愚直な行動、他者とのかかわり、高い倫理観など、共感できるキーワードが沢山でてきます。著者なりの成功法則をまとめたとも言えます。

メッセージは明確でわかりやすいのですが、「売れる本」として作られているのがやや残念なところです。


------------------------------------------------------------
▼ 厳選アンダーライン ▼
------------------------------------------------------------


問題なのは、夢がないことではなく、「夢がない自分を嫌悪し、否定すること」なのです。(p.16)


こうした人間としての強さを率直に見つめないで、ノウハウだけ頭でなぞっても無意味なのです。
成功にノウハウはない。これこそが確実な「法則」です。(p.20)


「成功法則」が好きな人は、我慢を嫌います。目的地への近道を探し、逆算して、最大効率、
最小エネルギーで到着することだけを考えてしまいます。
実は、最大の問題は効率主義にあります。(p.26)


しっかりとした「自分力」を持っている人の考えは、高い倫理観に裏打ちされています。
というより、倫理観なき「自分力」は、もはや自分力とは言えません。(p.37)


ノウハウなどを越えた最も重要な直感の部分は、彼が積み重ねてきた体験の果実であって
言語化や法則化できるようなシロモノではないのです。(p.64)


「自分力」とは、唯我独尊、エゴイズムや独善、あるいは他者と差異化することではありません。
むしろ、他者と積極的に相互作用する中で、問題を解決し、互いに発展していく推進力たり得る
能力なのです。(p.197)



「自分力」を鍛える
あさ出版
ショーンK

ユーザレビュー:
パワーをくれる一冊F ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

      ▼最上雄太の「日記帳」的ブログ
      ⇒ IDEASS最上雄太の感性を磨くBlogです

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

produced by イデアス

●第12種 ショーンK (2008) 『「自分力」を鍛える』 セルフコンセプトの種(タネ)〜リソース・ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる