セルフコンセプトの種(タネ)〜リソース・ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ●8種 姜尚中 (2008) 『悩む力』 集英社新書

<<   作成日時 : 2009/04/08 17:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

テレビのコメンテーターとしてたまにみかける姜尚中氏の1冊。

政治学の教授が「悩む力」とはどんな本だ?

と興味を引かれ手に取りました。

文豪・夏目漱石と、社会学者・マックスウェーバーの言葉・思想をヒントに
自らも悩み続けてきた軌跡をたどりながら「悩む」ことを肯定しようとする内容。

姜尚中いう「悩む」とは、いかに意味づけ、いかに確信するか。

自我、自由、金、働く、知性、などといった普遍的なテーマについての考察と主張。
これは哲学の本です。
切り口として偉人を使っているところにオリジナリティ(面白み)があります。

周囲とのかかわりの中において、いかに自分を意味づけるか
特に「自己中心」ではない「自我」についての考察と主張はうなずくところが多い1冊。



------------------------------------------------------------
▼ 厳選アンダーライン ▼
------------------------------------------------------------

私は、自我というものは他者との「相互承認」の産物だと言いたいのです。そして
もっと重要なことは、承認してもらうためには、自分を他者に対して投げ出す必要
があるということです。(P.40)

ですから、究極的には、「信じる」ということは、「何かを信じる」ということではなく、
「自分を信じる」ということになると思います。(P.106)

人は自分の人生に起こる出来事の意味を理解することによって生きています。
(p.149)

「脳」に特化して上滑りになったり、「私」に閉塞して城をつくったりしないで、
つながる方法を考えてほしいと考えます。(p.159)


悩む力 (集英社新書 444C)
集英社
姜 尚中

ユーザレビュー:
時代を引き受ける 討 ...
悩む力にも格差?!読 ...
悩んで悩んで突き抜け ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

      ▼最上雄太の「日記帳」的ブログ
      ⇒ IDEASS最上雄太の感性を磨くBlogです

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
姜尚中さんの著書『悩む力』の書評を探していて、このブログにたどり着きました。ぜひ書評リンクをさせていただきたいのですが。

「人生最強の名言集」とういうサイトの中に「座右の書」として『悩む力』を紹介しているページになります。
武田幸一(人生最強の名言集)
2009/07/20 23:38

コメントする help

ニックネーム
本 文

produced by イデアス

●8種 姜尚中 (2008) 『悩む力』 集英社新書 セルフコンセプトの種(タネ)〜リソース・ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる