セルフコンセプトの種(タネ)〜リソース・ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ●2種 竹内一正 (2008) 『スティーブ・ジョブズ 神の交渉力』 リュウ・ブックスアステ新書

<<   作成日時 : 2009/01/04 15:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

今回ご紹介したいのは、"ぶれない軸"をおおいに感じる人スティーブ・ジョブズの本です。
スティーブジョブズは、あのアップルを立ち上げ、ipodで大成功を収め、最近では""Wall-e"などで知られるピクサーという映画会社を経営していることをご存知かと思います。
スティーブジョブズに関する本は沢山出ていますが、この本は読み易く、また豪快な"軸感"を見て取ることができます。

注目していただきたいのは、彼の「豪快さ・力強さの裏側にある繊細さ」です。
非情で自己中心的な側面が注目されがちですが、
彼ほど、自分の足元をよく見つめている人はいないのではないかと感じます。
自分に関わりのある周囲を細やかにみつめているとことが彼のパワーの源泉ではないかと思います。

-------------------------------------------------

他人には見えないものを、すぐそこにあるかのごとく信じさせる天才的な能力がジョブズにはある。そんなジョブズのビジョンに心酔すれば、あとは自分の才能というエンジンの回転数をレッドゾーン以上に上げればいい。(p88)

ジョブズのエネルギーは、半径10メートル以上離れている人を熱狂させ、半径5メートル以内の人々を恐怖に陥れる。(p.91)

「ビジネスでは、戦っている相手は日々変化する」ということだ。変化に気づかない人、あるいは変化を見る勇気を持たず、初対面の印象を引きずってしまうビジネスマンや経営者は少なくない。だが、先入観に振り回されては、有利に交渉を進められるはずがなく、勝機も遠のいてしまう。(p.114)

スティーブ・ジョブズの下で働くのは大変なことだ。忠誠と能力が要求され、彼のメガネにかなわないと、あっという間に切り捨てられてしまう。にもかかわらず、なぜ多くの有能な人間がジョブズと働きたがるかと言えば、
@ジョブズと一緒なら、どこにもない「ものすごいもの」を生み出せる気がするから
Aその障害はジョブズが見事なくらいに取り除いてくれるから
という2点に集約されるだろう。(P.148)

世間では、失敗によって弱点に気づき、それを反省することで進歩するのが一般的だ。だがジョブズは、自分の独りよがりで傲慢な弱点を全く反省しない。強みだけをさらに研ぎ澄ませて進化し、成功へとひた走った。
このように、苦手を克服しようと努力するより、得意を伸ばすほうが強い武器となることは多いものだ。(P.182)

だが、いずれにしてもジョブズは、交渉とは「自分が相手に合わせる」のではなく、「相手が自分に合わせる」ことだと考えていたふしがある。自分の状況はどうあれ、お願いしてくるのは常に相手からであり、決して自分からではないのだ。(p.203)

「人生で大きな決断を下す際にもっとも助けになったことは、もうすぐ死ぬということを頭に入れておいたことだ。周囲の期待やプライド、または失敗や恥への恐怖は、死を前にすると消え去り、本当に大事なことだけが残る。自分の気持ちに従わない理由はない」(p.219)

卒業を控えたスタンフォード大学の若者には、次のような言葉を贈っている。
「君たち、人生の時間は限られている。他人の人生を生きてこの限られた時間を無駄にしてはいけない。世間の常識などという罠にはまってはいけない。他人の意見という雑音に、自分自身の内なる声をかき消されないようにすることが重要だ。そして最も重要なことは、自分の心と直感に従う勇気を持つことだ。心と直感は本当になりたい自分を知っている。それ以外のことなんでのは2のつぎだ」(p.219)



スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない! (リュウ・ブックスアステ新書 48)
経済界
竹内 一正

ユーザレビュー:
ジョブズにだけ 使え ...
カリスマの条件熱狂的 ...
キーマンとの直接交渉 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

      ▼最上雄太の「日記帳」的ブログ
      ⇒ IDEASS最上雄太の感性を磨くBlogです

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
読後評:スティーブ・ジョブズの流儀 「すぐれた芸術家はまねる。偉大な芸術家は盗む」
正月ということで何冊が読破中なのですが、そのうちのオススメの一冊。 ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2009/01/11 20:24
【ジョブズは間違いなく「ネ申」】神の交渉力?
私は生まれつき「ネ申」が苦手である。彼が降臨しようものなら、そそくさ逃げ出す、しがない使い魔なのである。 ...続きを見る
ぱふぅ家のサイバー小物
2009/06/23 21:39
レイバン サングラス
●2種 竹内一正 (2008) 『スティーブ・ジョブズ 神の交渉力』 リュウ・ブックスアステ新書 セルフコンセプトの種(タネ)〜リソース・ブログ/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン サングラス
2013/07/06 03:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

produced by イデアス

●2種 竹内一正 (2008) 『スティーブ・ジョブズ 神の交渉力』 リュウ・ブックスアステ新書 セルフコンセプトの種(タネ)〜リソース・ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる